top of page

Googleからの非アクティブなアカウントに関する連絡




ここ最近、『非アクティブな Google アカウントに関するポリシーを更新します』このようなメールがGoogleから届くことはないでしょうか?



メール内容詳細


 
Google は、組み込みのセキュリティ保護機能を使用して Google アカウントに対する不正アクセスを防止することで、ユーザーとユーザーの個人情報の安全性とセキュリティを保護するよう日々努めています。ユーザーの安全性を保護するとは、プライバシー保護に関する強力なポリシーを導入し、Google のさまざまなサービスにおいて、ユーザー個人のファイルやそれに関連するデータの保存期間を最小限に抑えるということです。Google は、たとえユーザーが Google のサービスを利用しなくなっても、ユーザーの個人情報を保護し、アカウントへの不正アクセスを防止するための取り組みを行っています。
そのため、Google は Google のすべてのプロダクトとサービスを対象に、Google アカウントの非アクティブ期間を 2 年間に変更します。この変更は本日より有効となり、非アクティブな Google アカウント、つまり 2 年以内にログインまたは使用されなかった Google アカウントに適用されます。非アクティブなアカウントやそのコンテンツは、2023年12月1日から削除の対象となります。
この変更による影響:
Google アカウントが 2 年以上非アクティブな状態である場合、または Google サービスへのログインに Google アカウントを 2 年以上使用していない場合を除き、今回の変更による影響はありません。
上記の変更が本日より有効になることに伴い、早ければ 2023年12月からアカウントの削除が開始されます。
非アクティブであるとみなされたアカウントについては、Google がなんらかの措置を講じたりアカウントの内容を削除したりする前に、ユーザーのメールアドレスと再設定用のメールアドレス(登録されている場合)の両方に、Google からリマインダー メールを複数回送信します。このようなリマインダー メールは、ユーザーのアカウントになんらかの措置が講じられる 8 か月前までに送信されます。
Google アカウントを削除した後、新しい Google アカウントを作成する際に、削除したアカウントの Gmail アドレスを再び使用することはできません。
アカウントを保持する方法
Google アカウントを保持するには、少なくとも 2 年に 1 回アカウントにログインするのが最も簡単な方法です。過去 2 年以内にユーザーがログインしている Google アカウントは有効とみなされ、削除されません。
アカウントを保持するには、以下のような方法もあります。
メールを読む、送信する
Google ドライブを使用する
YouTube 動画を見る
写真を共有する
アプリをダウンロードする
Google 検索を使用する
「Google でログイン」機能でサードパーティ製のアプリやサービスにログインする
このポリシーには一部例外があります。たとえば、YouTube のチャンネル、動画、コメントがある Google アカウント、お持ちのギフトカードに残高がある Google アカウント、公開中のアプリがある Google アカウント(Google Play ストアでアプリをホストしているアカウントなど)は削除されません。このポリシーのその他の例外については、こちらをご覧ください。
Google では、Google アカウントの管理に役立つツールや、データをバックアップするためのさまざまな手段を提供しています。たとえば、Google データ エクスポートを使用して自分のデータをダウンロードしたり、アカウント無効化管理ツールを使用して、アカウントを利用していない状態が一定の期間続いた場合に自分のデータをどうするかを指定したりできます。
Google は、ユーザーが自分の意志に基づいて、できるだけ簡単に自分のアカウントを保持できるようにすることを重視しています。今回の変更の影響を受けるアカウントに対しては、事前に十分な通知を行います。そのため、削除対象のアカウントに対しては、Google アカウントとその再設定用のメールアドレス(登録されている場合)に事前にメールで通知します。再設定用のメールアドレスが最新の状態であることを確認してください。
 

*上記はGoogleから実際に届いた文章を引用しています




簡単に説明すると、2年以上アクティブではないアカウントに関して、アカウントが停止されるといったような内容です。



このような措置がMEO対策の特に『口コミ』大きく影響すると考えています。





2023年3月頃ビジネスのランキングに変化があった企業様も少ないと思いますが、まさに今回の内容が影響していると考えられます。



お客様に口コミを書いてもらったとしてもそのアカウントがアクティブでない場合、評価の対象とならないだけでなく、最悪!ビジネスのアカウント自体が停止されてしまう可能性があります。



いくらお客様に口コミをお願いして数を増やしたとしても、その人が日頃から口コミを書いたり他のGoogleのサービスを利用したりしていないと、書いてもらこと自体がマイナスに影響することになります。



今後はお店側が積極的に口コミを促すのではなく、あくまでお客様の自然なアクションとして口コミを書いてもらように促すことが需要になります。



口コミ対策に関してのご質問やご相談は下記よりお問い合わせください。










0件のコメント
bottom of page