top of page

「Google I/O 2024」で発表した7つのこと


画像はこちらのサイトから引用



Google I/O 2024イベントでは、AIの進化、新製品、既存サービスのアップデートに関するいくつかの重要な発表がありました。以下はその主なハイライトです:



1. 生成AIの強化


Google Imagen 3


この新バージョンのテキストから画像を生成するAIモデルは、前作Imagen 2を超えた精度、創造性、詳細度を提供します。特に画像内のテキストのレンダリングが向上しました。



Veo


テキストプロンプトから高品質な1080pのビデオクリップを作成できるAIモデルです。さまざまな映画スタイルのビデオを生成し、既存の映像を編集することも可能です。





2.検索におけるAI

AI Overviews


Google検索では、検索結果の上部にAI生成の回答を表示する新機能が導入されました。これは、より包括的で整理された情報を提供し、検索体験を向上させることを目的としています。





3. Project IDX


Google Maps Platform、Chrome Dev Tools、Lighthouseと統合された新しいAI中心の開発環境で、アプリ開発を強化します。Google CloudのサーバーレスプラットフォームCloud Runへのアプリのデプロイもサポートします。





4. Circle to Search

- Androidユーザー向けのAI駆動の機能で、ジェスチャー(例えば、円を描く)を使用して即座に回答を得ることができます。このツールは複雑なクエリにも対応し、モバイルデバイスからGoogle検索をより簡単に行えるようにします。





5. Pixelデバイス

Pixel 8a


Tensor G3チップを搭載した新しいPixel 8aが発表され、価格は499ドルです。



Pixel Slate


新しいPixel TabletであるSlateは、以前はバンドルされていたベースなしで販売されています。





6. NotebookLM


Gemini 1.5 Proを搭載したNotebookLMは、ノートから詳細な学習ガイド、クイズ、FAQを作成できます。また、音声コンテンツを生成することもでき、教育用途に強力なツールとなります。





7. Android 15とWearOS 5


Android 15


盗難を予測してロックするTheft Detection Lock機能を導入。


WearOS 5


バッテリー寿命の大幅な改善を約束し、開発者向けに効率的なアプリを作成するための新しいガイドラインが提供されます。




これらの発表は、Googleがさまざまな製品やサービスにAIを統合し、ユーザー体験を向上させるための先進的な技術ソリューションを提供することに焦点を当てていることを示しています。




詳細な情報については、以下のリンクからご確認ください:

- [TechCrunch](https://techcrunch.com)

0件のコメント

Kommentare


bottom of page